共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

宮崎ますみさんインタビューvol.3

更新日:2019年12月21日


宮崎ますみさんは20代に芸能界でご活躍された後、結婚を機に1995年ロサンゼルスに転居、そこで出産も経験されました。次男の照土(あきと)さんには発達しょうがいがあります(自閉症、ADHD 、LD と診断)。ますみさんは照土さんが小学2年生の時に帰国され、乳がん、離婚を経験。ヒプノセラピストとしてのお仕事のかたわら、2人の息子さんを育てて来られました。今回のインタビューでは宮崎さんが照土さんにお母さんとしてどのように寄り添って来られたかを語っていただきました。

​​ 

宮崎ますみ(みやざきますみ)

ヒプノセラピスト養成インストラクター。

日本ヒプノセラピーアカデミーイシス代表、

日本ヒプノ赤ちゃん協会代表。

ヒプノウーマンSalon『聖母の祈り』主宰。

http://salon.hypnowoman.jp/





子どもを尊重するには、お母さんが自分自身を愛し魂を開花させて生きる。

—— 照土(あきと)さんが、シュタイナー学校でクラスメイトに受け入れられていった経緯もお聞かせくださいますか?

宮崎:やっぱり皆さん、照土のキャラクターに戸惑っていらっしゃったので、診断を受けてすぐね、私は保護者の方々に、彼を知っていただくために、お話をさせていただきました。まだ当時発達しょうがいっていうこともそれ程は耳に入って来なかったと思うんですね。

発達しょうがいでも色々あるじゃないですか。で、うちの場合は自閉症と ADHD と LD 。それのどこが色濃いのか、聴覚の LD はこういう特徴があって、こんなことでこう言われるとわからなくて間違いを犯すことがあってと私も語って、全部をプリントアウトして、保護者の皆さんに伝えたんですね。それで最後に彼は発達しょうがいですけれど、私の中ではもう昇華しているのでこれは神様からのギフトだと思ってるというお話をしたら全員お母さんが泣いてくださった。これまで理解できてなくて、彼には非常に不憫な思いをさせたかもしれないー、なんて言ってくれてみんな優しいんですよ。それで、シュタイナーでは普通しないんですが、彼のために時間割表や何かの当番を教室に貼ってくださったりもしました。

—— 照土さ