共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

宮崎ますみさんインタビューvol.2

更新日:2019年12月21日


今回も宮崎ますみさんにお願いしています。

宮崎ますみさんは20代に芸能界でご活躍された後、結婚を機に1995年ロサンゼルスに転居、そこで出産も経験されました。次男の照土(あきと)さんには発達しょうがいがあります(自閉症、ADHD、LDと診断)。ますみさんは照土さんが小学2年生の時に帰国され、乳がん、離婚を経験。ヒプノセラピストとしてのお仕事のかたわら、2人の息子さんを育てて来られました。今回のインタビューでは宮崎さんが照土さんにお母さんとしてどのように寄り添って来られたかを語っていただきました。

宮崎ますみ(みやざきますみ)

ヒプノセラピスト養成インストラクター。

日本ヒプノセラピーアカデミーイシス代表、

日本ヒプノ赤ちゃん協会代表。

ヒプノウーマンSalon『聖母の祈り』主宰。

http://salon.hypnowoman.jp/



種はある。だから信頼して待つ。

—— ますみさんがベランダで瞑想中に、これからママのお腹に入ろうという照土(あきと)さんの魂がフワフワと遊びながらやって来た時から18年間、ますみさんと照土さんには色々なことがあったのだろうと思うのですけれども。

宮崎:そうねえ。アメリカに小学校1年、2年の途中までいたのですが、ロサンゼルスから引っ越した先のハワイの学校は発達しょうがいを持っている子に対して、ロスよりちょっと遅れてるんですね。そうは言っても日本よりは全然進んでるんですが。当時まだ診断は受けていなかったんですがスクールのカウンセラーの判断で、クラスの中に一人サポートの先生が入ってくれて、時々クラスから出て同じような特徴を持つ子どもたちと一緒に別の教室で学んだり、遠足に出かけたり、親同士が交流したりしました。みんなで互いに支え合う形ですね。