共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

宮崎ますみさんインタビューvol.1

更新日:2019年12月21日


今回は、宮崎ますみさんにお願いいたします。

宮崎ますみさんは20代に芸能界でご活躍された後、結婚を機に1995年ロサンゼルスに転居、そこで出産も経験されました。次男の照土(あきと)さんには発達しょうがいがあります(自閉症、ADHD、LDと診断)。ますみさんは照土さんが小学2年生の時に帰国され、乳がん、離婚を経験。ヒプノセラピストとしてのお仕事のかたわら、2人の息子さんを育てて来られました。今回のインタビューでは宮崎さんが照土さんにお母さんとしてどのように寄り添って来られたかを語っていただきました。

インタビューはこれから隔週で3回に渡って連載されます。

​​

宮崎ますみ(みやざきますみ)

ヒプノセラピスト養成インストラクター。

日本ヒプノセラピーアカデミーイシス代表、

日本ヒプノ赤ちゃん協会代表。

ヒプノウーマンSalon『聖母の祈り』主宰。

http://salon.hypnowoman.jp/





18年間息子に育てられてきた私。やっと卒業できました。

—— 照土さんは現在、米国のコロンビアカレッジ・シカゴに在籍し、大好きな映像を学んでいらっしゃいますね。小学生の時に発達しょうがいと診断されましたが、高校生までそれを知らされずに育って来られたそうです。まず、照土さんがご自身のしょうがいのことを知った経緯をお聞かせください。

宮崎:「息子に発達しょうがいのことを言わないでいいんですか?」と照土がちっちゃい頃から通っていた発達支援センターの先生に何度か相談しました。でも、「大丈夫、言わなくていい」という回答だったんですよ。私は言った方がいいと思ったけど、結局言わずにずーっと来て、でも本人も高校に上がったあたりから、自分って普通じゃないのかな