共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

五島秀一さんインタビューvol.3

更新日:2019年12月21日


今回も五島秀一さんにお願いしています。

連続3回の最終回はこの度出版されたご自身の御本について語っていただきました。

五島秀一(ごとうしゅういち)

物理学者、科学者、中小企業診断士、

経営コンサルタント、ヒーラー。

五島氏主宰、超越気功協会HP:

https://www.choetsukiko.com/



—— 今年3月11日にヒカルランドさんから『五次元宇宙の物理学―大統一場理論』という先生の御本が出版されました。おめでとうございます。

五島:ありがとうございます。

—— 簡単に少し内容をお聞かせいただけますでしょうか。

五島:宇宙っていうのは、物理学者にとっては本当に宇宙(スペース)なんですけれども、個人にとっては家庭であり職場だろうと思うんです。だから、宇宙が丸いか四角いかというよりもそれをどう捉えるか。一言で言うと、宇宙のいかなる存在も、それ単独では存在せず、必ずRelationshipというのがあるわけです。その関係をどう捉えるかというアプローチの仕方が参考になると思う。

—— 物理学と日常生活の絡みを理解するには難関と感じながらもとても興味深いのですが、アプローチの仕方の具体的方法論は例えばどのようなものですか?

五島:物理的に言うと、そのものを記述する時に質点という質量のポイント、それがどこにあってどっちに行こうとしているか、これを人間に例えて言うと、あなたは今どこにいてどこへ行こうとしているか、というベクトルですね。

方向性がとても大事だ、という考え方なんですよ。どこに行ったかではなくて、どのぐらいの勢いをもって今ここからどっちに行こうとしているか、ということです。子育てにも言えると思うんだけど、今日はテストがありましたと