共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

五島秀一さんインタビュー vol.2

更新日:2019年12月21日


今回も、五島秀一さんにお願いしています。

連続3回の2回目は、純粋哲学研究会で伝えていきたい哲学や日本文化の良さについてお話しいただいています。

五島秀一(ごとうしゅういち)

物理学者、科学者、中小企業診断士、

経営コンサルタント、ヒーラー。

五島氏主宰、超越気功協会HP:

https://www.choetsukiko.com/



—— 五島先生は21世紀共育ラボで、純粋哲学講座というタイトルで30回以上講義をなさっていらっしゃいますけれど、そのことについて伺いたいと思います。

五島: これはね、要するに日本の良さっていうのがどんどん廃れていってるのはなぜか、という問いからなんですよ。着物文化しかり、刀鍛冶にしても、漆塗りにしても金箔士にしても何にしてもね、それは語らないからなんです。弟子を採っても長続きしない。沈黙が多すぎるんですよ。ここはどうやるんですか?って聞かれても、技術は体得しろっていう話になっていてどんどん廃れる。で、今や外国人が伝統工芸を継いでる。彼らはロジックで入ります。なぜこのようなやり方をするのですか?と。それに対してロジカルに答えないと彼らは理解できないでしょ?ロジカルに答えられたものだけが外国人でも日本人でも後継者を得て生き延びているわけです。だから、語ることですよ!

生きる営みを語ることを僕は哲学と呼んでいます。だって哲学の哲って口を折るって書くでしょう。口を折るって、発音するという意味です。発音する時、口が折られていきます。語らなきゃいけないんですよ。生きることを語る。言語化する。語られないものは世界に伝わらない。残らない。生き方とか生きざまを語らなければ、残っていかないし、皆で共にディスカッションすることができなくなる。哲学と言い始めたのは、もともとは日本の息吹というか、日本の源流っていうか、何か次代に伝えるためにはきちんと語るという必要からです。

—— 先生はその中でどんなことを一番語っていきたいですか?

五島: 僕の意見はどうでもいいんですよ。僕のオリジナルを残そうなんて、はなから思っていない。日本の良さを残す。ひいてはそれが世界に貢献する。いつの時代も真理を求める人はたくさんいらっしゃったと思います。科学的な思考を基に、哲学を進めていけば、もっと有意義なディスカッションが生まれると思っています。