共育者に聴く

21世紀共育ラボでは、

共に育つということを実践されている方を「共育者」と呼び、

​その実践内容をインタビューさせていただくことにしています。

矢作直樹さんインタビューvol.3

更新日:2019年12月21日


前回に続き、矢作直樹さんにお願いしています。

矢作さんへのインタビューは連続3回にわたり掲載され、1回目と2回目の主な内容は以下の通りです。

 1回目:自分を知ることについて (1回目はこちら

 2回目:目覚めることや感謝   (2回目はこちら

この最終回では、発達障害と共育のあり方などについて語ってくださいました。

矢作 直樹(やはぎ なおき)

東京大学名誉教授・医学博士

プロフィール・活動:

『矢作直樹公式ウェブサイト』 http://yahaginaoki.jp


—— 「21世紀共育ラボ」ではひとつ発達障害に関わることを活動としてあげさせていただいています。

矢作:発達障害っていうのは比較的新しい言葉ですね。発達障害を昔はどういうふうに捉えていたかというと、変わった子だと。その変わった子の中に優秀な子もいれば逆な子もいた。発達障害は魂的に見れば、地球での転生の経験が少ないというふうに考えたらわかりやすいと思います。全く癖が違うのですね。例えば現実社会的にうまくいかない人もたくさんいるわけだけど、例えば極端なのは、感情があまりないとかいろいろ欲がないとか、いろんなパターンがありますけど、それはそういうもんだというふうに周りが気づいて受け入れてあげればいいと思いますね。

—— たぶん個性という価値としてはフラットなのですけど、社会に合うかどうかという時に障害という言葉が使われてしまう。今の社会から見た時に、その個性は個性ですけど、ただそれでやっぱり苦しんでいる方って現実にはおられる中で、自分が自分としてそのままいながら社会の多様性の中でどのように生きていくかのひとつの指針として先生のこのメッセージというのは・・・